現状は混在している

新法による借地権の存続期間は、当事者間での相談がない場合には建物が木造でもレンガ造りでも関係なく一律して30年 […]

新法と旧法の違い

旧法の借地権と新法の借地権の違いは、旧法では借地人側を保護する働きが強かったという点にあります。旧法では、契約 […]

借地権とは

『借地権』という言葉は、その字から想像できるように、第三者に地代を支払うことで土地を借りることができる権利のこ […]