借地権とは

『借地権』という言葉は、その字から想像できるように、第三者に地代を支払うことで土地を借りることができる権利のことを言います。普段の生活の中ではあまり意識することのない権利に思えるかもしれませんが、第三者から土地を借りてマンションを経営している人や、地主さんなどにとっては意外と気がかりな権利でもあります。

特に、現在の借地権は平成4年8月1日から施行された借地借家法に基づいて考えられますが、それまでの期間に契約されていたものについては旧法の「借地法」に基づいて考えられます。旧法は大正10年から平成4年まで、実に70年以上も続いていた法律であり、新法の施行から20年以上経過した現在においても、旧法が適応されている借地権物件が多く市場で流通しています。今現在の借地権物件は、新法と旧法のものが混在している状態と言えるでしょう。

なぜ長く適応されていた旧法から新法へ変わることになったかというと、そこには地主と借地人との間で土地を巡るトラブルが絶えなかったことが理由に挙げられています。旧法の借地権では、借主を保護する働きが強く、地主がひとたび土地を貸してしまうと、借主から取り返すために困難なケースが多く出たためです。新法はこうした地主を守る為に改定されました。

当サイトでは、借地権とはどのようなものか、新法と旧法の違いについて紹介しています。土地を借りている人も、これから貸し出そうと考えている人も、借地権と新法、旧法の違いについて学びましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket